RSI・FX チャート

RSI

RSI

RSIとは、過去の一定期間の変動幅において、値上幅の合計と値下幅の合計を足 したものを割って、100%表記したもので「相対力指数」と呼ばれ、相場の買われす ぎ、売られすぎを示すテクニカル指標です。

基本的には、50%を基準に、30%以下を売られすぎ、70%以上を買われすぎと判断します。パラメーターの数値で使われる期間は、一般的に14日ですが、シグナルのでる数値を、荒くするとシグナルがでやすくなるので、数値を変えて、検証して見るのもよいかもしれません。

RSIは、一定幅で動いているときは、シグナルが有効にはたらきますが、大きな トレンドが発生した時は、80%以上、20%以下に張り付くことがあり、シグナルが機能しなくなるというマイナス面もあります。

大きなトレンドのでていない時は、実際の価格の値動きよりも、反転サインが早い という特徴があるので、有効に使いこなせると良いですね。

お勧めのチャート用口座

チャートの選び方

FX業者一覧

特殊機能

チャートの見方、読み方

テクニカル指標

FX チャート機能