ストキャスティックス・FX チャート

ストキャスティックス

ストキャスティックス

ストキャスティクスとは、相場の買われすぎ・売られすぎを0〜100%の数値で示すテクニカル指標です。ストキャスティクスには、ストキャスティクスとスロー・ストキャスティクス2種類あり、2本の線の相関関係で売買ポイントを判断します。

分析法としては、70%以上は買われすぎ、30%以下は売られすぎと判断し、2本の線のクロスでポジションを持ちます。

上の図では、赤色の%Kが青色の%Dを下から上に突き抜けた時が買いのシグナル(ゴ ールデンクロス)、その逆(デッドクロス)が売りシグナルでエントリータイミングと なります。

ストキャスティクスラインのパラメーター(数値)を変えることで、形も大きく変わ り有効にはたらきます。単純に、クロスでポジションを持つことを繰り返しているとだましにあうことが多くなります。

うっかり買ったり売ったりを繰り返すのではなく、ローソク足とインジケーターの逆行現象(ローソク足は高値更新しているのに、インジケーターは安値を切り下げていると反転間近という予測)に注目しながらエントリーポイントを待つと、より良いシグナルとなります。

お勧めのチャート用口座

チャートの選び方

FX業者一覧

特殊機能

チャートの見方、読み方

テクニカル指標

FX チャート機能